プロモーション映像制作|映像制作のメディアフォーユー株式会社


まずは無料で相談!!


提供サービス

プロモーション映像制作
ページ構成で最大限の効果を上げる

サイト上で商品について調べている消費者はユーザーレビューを読み続けた時、
またサイト上でスペックを比較検討した時などに購買意欲が高まる傾向があります。
多面的な情報展開が消費者に有効であることが明らかになり、
最近では情報提供手段の一つとして動画が採用され始めています。

では、購買行動に結びつけるための動画を制作する上でのポイントとは、どのようなものなのでしょうか?

メディアフォーユーでは、売上を上げるという目的のためには動画の内容に加えて、
動画を含むページ全体の構成が必要であると考えています。
そんなメディアフォーユーが考える4つのポイントをご紹介します。

1)動画を見るための動機が用意されているかどうか?
動画は単にWebサイトに貼り付ければ見られるというものではありません。
動画を見たくなるようなテキスト、レイアウトの工夫が必要不可欠です。
2)動画を見た後、すぐにアクションが起こせるようになっているか?
動画を見終わった直後にユーザーがアクションを起こせるような工夫が必要です。
次々と瞬間瞬間で興味の対象を変えていくサイトの閲覧の中で、興味がもたれた瞬間を逃すことは避けるべきです。
3)動画で伝えたいことは明確か?
映像はそれ自体の時間軸が存在するため、テキストのように飛ばし読みができません。
したがって、何を求めてこの映像を見ているのかをユーザーに感じ取って貰えていなければ、一瞬で見られなくなってしまいます。
したがって伝えたいことを明確にし、何のためにこの動画を見せるのかを強く打ち出す必要があります。
4)動画の再生時間が適切かどうか?
情報を詰め込み、再生時間が長くなるのは絶対に避けるべきです。
ワンテーマを最短の時間で表現するのが有効です。
我慢をして見続けなければ分からないという状況より、気になれば分かるまで何度でも再生するという方がユーザーのサイト閲覧行動に合うようです。
提案は完成にデータを加えて行う

メディアフォーユーでは「ユーザーが動画を何分何秒まで見たのか?」
また「見終わった後、どのレコメンドをクリックしたのか?」などについての詳細なデータを取り、様々な角度から効果検証を行っています。

従来のようなディレクターの感性や発想に、検証結果を加えて、テキストを書く際に選ぶべきキーワード、レイアウトの改善、動画の内容など様々な項目についてご提案を行っています。

【先着100社様限定】納品から3年間「修正無料」

SDK - 採用動画研究所

【先着100社様限定】納品から3年間「修正無料」

マジでガチなボランティア

マジでガチなボランティア 上映会募集

メディアフォーユー社長兼カントク里田剛のブログ

メディアフォーユースタッフブログ


提供サービス

リクルート映像制作

プロモーション映像制作

Web動画制作

DVD制作

機材レンタル


ホームへ戻る
ページ上部へ