『4K→FullHDのダウンコンバート』画質を比較検証してみた! | ドキュメンタリースタッフブログ「MEDIA FOR US」


HOME > スタッフブログ > 【社員2号】トミー > 『4K→FullHDのダウンコンバート』画質を比較検証してみた!

スタッフブログ

『4K→FullHDのダウンコンバート』画質を比較検証してみた!

  • 【社員2号】トミー
  • 野菜不足がちなディレクターのトミーです。
    最近は4K撮影が一般化しつつありますが、納品物としてはまだまだHD納品が多いというのが今の現状です。
    そんなわけで今回は、『4K収録可能なカメラを使って撮影し、フルHD(1920×1080,mp4)で完パケる』、という状況設定で、各収録形式を比較してみたいと思います。

    テストに使用したカメラは、SONY FDR-AX100です。
    (1)撮影は、「4KUHD30p/XAVCS」、「FullHD30p/XAVCS」、「FullHD30p/AVCHD」の3パターンで行いました。

    (2)動画の比較には、上記の素材の他に「4KUHD30p/XAVCS」を「FullHD/ProRes422,mov」にダウンコンバートしたものも用意します。(※変換には、adobe MediaEncoder CC2015を使用しました。)

    (3)編集は、DaVinciResolve12を使用。タイムライン設定は1920×1080で書き出しました。

    それでは、比較した動画を御覧ください!被写体は私が栄養補給の為に飲んだ、伊藤園の野菜ジュースと、会社に転がっていたよくわからない緑のフワフワになります。


    結論|ダウンコン素材はかなりイケる

    4K素材が、断トツに精彩なのは明らかでした。しかし、ダウンコンバートした素材と大差ないレベルです。4Kネイティブでの取り扱いというのは、MacやPCに負荷がかかりすぎ、スムーズな作業ができなくなる場面もあります。そこで注目するのがダウンコンバートしたProRes422です。FullHD解像度でありながら、FullHDで収録した素材に比べて明らかに、精彩感があることがわかります。(ダウンコンに関しては、ProRes422以外も試しみる価値がありそうですので、後日検証してみます。)
    収録時のビットレートの違いが影響しているかもしれません。実際、4KUHDは100Mbps、FullHDは設定不明(カメラのメニューから選択できません。)でした。
    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-18-45-23

    ダウンコンしてもHD収録素材との差がここまであると、4K収録以外の選択肢はありえない!まとめると、
    (1)HD納品であっても、4K収録すべきである!
    (2)4K編集が無理なら、ダウンコンバートで対応する!
    (3)HD収録は、もうやめておけ!

    という結論に至りました!

    関連記事

    カテゴリー

    納品から3年間「修正無料」

    スタッフ紹介

    ドキュメンタリー
ブランディング

    メディアフォーユーでは、企業ブランディングの設計と共に動画の制作を行っています。
    日本のほとんどを占める中小企業の価値を世の中に伝え、この国を元気にすることを、使命と考えています。

    インタビュー撮影

    数々のヒット番組を担当したディレクターが貴社にインタビューに伺い、番組制作で培ったディレクションでインタビューをリッチなコンテンツに仕上げます。
    あなたの企業の魅力を美しい映像でPRしてみませんか?

    SDK - 採用動画研究所

    【先着100社様限定】納品から3年間「修正無料」

    マジでガチなボランティア

    マジでガチなボランティア 上映会募集

    メディアフォーユー社長兼カントク里田剛のブログ

    メディアフォーユースタッフブログ


    提供サービス

    リクルート映像制作

    プロモーション映像制作

    Web動画制作

    DVD制作

    機材レンタル



    ホームへ戻る
    ページ上部へ