どこにいてもiMovieで編集できる〜iPhoneとMac間でのプロジェクトのやり取り〜 | ドキュメンタリースタッフブログ「MEDIA FOR US」


HOME > スタッフブログ > 【社員2号】トミー > どこにいてもiMovieで編集できる〜iPhoneとMac間でのプロジェクトのやり取り〜

スタッフブログ

どこにいてもiMovieで編集できる〜iPhoneとMac間でのプロジェクトのやり取り〜

  • 【社員2号】トミー
  • スクリーンショット 2015-11-26 14.11.09
    iPhone6sが今年9月に発売され「4K動画撮影」が一般にも広がりを見せていますが、せっかく撮影した動画は編集しブラッシュアップさせなければ非常にもったいないと感じます。カメラの機能はiPhone6sの登場で格段に進歩していますが、編集アプリも同様にアップグレードされているのです。その1つが、今回紹介するApple純正アプリである『iMovie』です。最新のアップデートで、Mac版もiOS版につづき、4K動画の編集に対応しました!iPhone6s/6sPlusで撮影できる4K動画をフルに活用するためのアップデートになっています。さらに、MacとiOSのiMovieで編集を共有できるようになったことが一番の注目点です。

    『iMovie』という動画編集アプリは、Mac版とiOS版が存在し、同名ではありますが異なるアプリケーションのようになっていました。その理由が、iPhoneで編集したらiPhone内で完結する、Macで編集したらMac内で完結する、という相互に編集プロジェクトのやり取りができない部分にありました。しかし、今回のアップデートにより編集作業をiPhoneからMacへと引き継ぎ(正しくは、プロジェクトの読み込みが可能になった)、作業効率を上げることができるようになりました。
    それでは、実際にどのようにMac版とiOS版のiMovieが連携するのか動画で紹介します!


    実は、この機能は以前iMovieにはついていたものだったのですが、アップデートを繰り返す内に消えてしまった機能でした。
    動画の需要が高まっている今、iPhoneで動画を撮影される人も増えてきています。ロケ先や移動中に簡易編集をiPhoneで済ませて、テロップ、色補正、合成などをMacで仕上げて、YouTubeなどにアップするという流れで編集効率とクオリティが上げることは間違いないです!

    ーーーーーーーーーーーー
    【オススメ記事】
    iPhone6s Plusで4Kビデオ撮影テスト〜失敗しないための豆知識〜
    Lightningで直接接続、一眼レフ並みの撮影が出来ちゃうカメラが登場!

    関連記事

    カテゴリー

    納品から3年間「修正無料」

    スタッフ紹介

    ドキュメンタリー
ブランディング

    メディアフォーユーでは、企業ブランディングの設計と共に動画の制作を行っています。
    日本のほとんどを占める中小企業の価値を世の中に伝え、この国を元気にすることを、使命と考えています。

    インタビュー撮影

    数々のヒット番組を担当したディレクターが貴社にインタビューに伺い、番組制作で培ったディレクションでインタビューをリッチなコンテンツに仕上げます。
    あなたの企業の魅力を美しい映像でPRしてみませんか?

    SDK - 採用動画研究所

    【先着100社様限定】納品から3年間「修正無料」

    マジでガチなボランティア

    マジでガチなボランティア 上映会募集

    メディアフォーユー社長兼カントク里田剛のブログ

    メディアフォーユースタッフブログ


    提供サービス

    リクルート映像制作

    プロモーション映像制作

    Web動画制作

    DVD制作

    機材レンタル



    ホームへ戻る
    ページ上部へ