Eテレ ハートネットTV「ブレイクスルー File.80 最悪から逃げろ!! ―就職支援NPO代表 黒沢一樹―」が面白い理由。 | 社長兼カントク里田剛ブログ


HOME > 社長兼カントク里田剛ブログ > Eテレ ハートネットTV「ブレイクスルー File.80 最悪から逃げろ!! ―就職支援NPO代表 黒沢一樹―」が面白い理由。

メディアフォーユー代表取締役 里田剛ブログ「映像制作会社の作り方」

Eテレ ハートネットTV「ブレイクスルー File.80 最悪から逃げろ!! ―就職支援NPO代表 黒沢一樹―」が面白い理由。

6月12日にEテレで再放送されたハートネットTV「ブレイクスルー File.80 最悪から逃げろ!! ―就職支援NPO代表 黒沢一樹―」が面白かった。

何が?

1.黒沢さんの人生が。

その面白さは現代ビジネスの2015年12月のこの記事に要約されている。

父親4人、貧困、虐待、中卒で就職、インドネシアで1000万の生命保険に……安倍昭恵が果てしなき「壮絶人生」に迫る!

現代の日本で、彼のような人生を辿り、それを公にしている人を私は知らない。

2.黒沢さんの喋りが。

どこがどうとは説明できないが、彼のしゃべりの巧みさはまるで売れてる芸人さんのようだ。表情によって表現できる幅も深さもある。
修羅場をくぐり抜けてきた凄みを感じる。

3.黒沢さんが伝える世界が。

私は生きづらさを抱えている若者のことを何も知らない。

私は新卒採用で学生に見てもらうための映像を作っている。
撮影する対象は、その会社の「優秀な」社員さん。見てもらいたい対象はその会社の望む「優秀な」学生さん。
「優秀な」社員さんについては1日中密着撮影したり、一緒に食事したりして接点があるので、いろんな人を知っている。
「優秀な」学生さんも説明会やセミナーで見かけたり話したりすることがある。

一方で、新卒採用という枠組みに入れない人については全く接点がない。
その存在を意識することさえなかった。

就職活動について、自分は上澄みのような世界しか知らないのだ。

この番組を見ることで、自分のこの薄っぺらさが浮き彫りになった。

出会いと発見がある。
だからこの番組は面白かった。

最新記事

納品から3年間「修正無料」

代表取締役

里田 剛

仕事の魅力を映像化することで、中小企業を元気にする企業映像コンサルタント。1993年関西大学卒業後、テレビ番組制作会社に入社。テレビ東京「開運なんでも鑑定団」などでディレクターを勤めた後、TBS「サンデー・ジャポン」でサンジャポフリージャーナリストとして活躍。2006年、メディアフォーユー株式会社を設立し、企業映像の制作を開始。2010年、ITVA-日本コンテストで金賞を受賞。2013年、映文連アワードで準グランプリを受賞。2011年、ドキュメンタリー映画「マジでガチなボランティア」が、ハリウッドの映画祭、LA Eiga Festで長編映画部門グランプリを受賞。

テレビ、映画で培った制作で、中小企業の魅力を映像化している。

月別アーカイブ

SDK - 採用動画研究所

【先着100社様限定】納品から3年間「修正無料」

マジでガチなボランティア

マジでガチなボランティア 上映会募集

メディアフォーユー社長兼カントク里田剛のブログ

メディアフォーユースタッフブログ


提供サービス

リクルート映像制作

プロモーション映像制作

Web動画制作

DVD制作

機材レンタル



ホームへ戻る
ページ上部へ